合コンしたいけど相手がいない…

合コンに行きたい、合コンがしたい、いろいろな人に出会いたい、交流を拡げたいなどなど、とにかく人と人とをつなげるには、合コンは便利なイベントです。
本気で彼氏彼女を探している人もいれば、付き合う付き合わないは別として知り合いが増えればいいなと思っている人、とにかく大人数で楽しく盛り上がれればそれでいいという人など、心の中は千差万別ですが、とにかく場所と日時を決めて、あまり面識の無い男女が同数集まって何かをしようということになれば、それはもう合コンです。

合コンをしようとした時に一番ネックになるのがメンツ集めで、これがなくては合コンは成り立ちません。
仲の良い人に誰か紹介してよとお願いしても、10件中9件以上はなんの連絡もないのが通常。
そう、合コンは誰かの紹介あってこそ成り立つものである以上、業界人並に顔の広い人でもなければ、そんなにうまくセッティングは出来ないものなのです。

それでも男女が新しく出会う場というのはかなり限られていますので、人のつてで探さないとなかなか交友関係は拡がりません。
合コンで知り合って交際スタート、そのまま結婚というコースも珍しくありませんから、大事な社交の場ですよね。
そんな若者の気持ちを汲んで、合コンのセッティングをするサービスが登場しています。
合コン、パーティ、街コンなど、大掛かりなイベントも目白押し。
日本中にたくさんの会員を持つ大手サービスも登場して、大人気となっています。

合コン相手探しが簡単!一人参加もできる!

合コンセッティングサービスとは、簡単に言ってしまえば合コンの仲介をやってくれる業者です。
会員登録して希望する合コンの内容をアップしておくと、仲介業者のほうで相手をマッチングしてセッティングしてくれるというものです。
仲間うちでこれをやろうと思うと、メンツを集めるのにとにかく一苦労しますよね。
日時を決めて声をかけた全員のスケジュールを合わせて、店を予約してと考えるだけで、そのうちやるかと後回しになってしまうのが目に見えます。

また、合コンセッティングサービスはこうしたマッチングをお願いしなくても、登録はグループ単位でも出来るために掲載された情報を見て自分で相手を探すことも出来ます。
別に誘われたからと言って全部受けなくてはいけないわけではなく、嫌なら断れるので、自由に情報を掲載出来るのもメリットですね。

そして、こうしたサービスの一番画期的な点は、自分一人だけでも合コンに参加出来るということです。
一人参加の人ばかりを集めた枠でセッティングすれば、6人いれば6人全員、10人いれば10人全員がその時初めて合う者同士となるわけですから、これはかなり新しいスタイルですよね。
これは日常生活でやるのは至難の技ですから、仲介業者ならではのサービスと言えます。
本気で出会いを求めるなら、一人でどんどん合コンをマッチングしてもらって、運命の相手を探せばいいわけです。
誘われるのを待つ必要もなく、誘って人数を集める必要もなく、いつでも手軽に合コンに参加出来るというのが、こうしたサービスの人気の秘密なのです。

合コンセッティングサービスの実態

合コンセッティングサイトのサービスって、実態はどんなの?と思っている人は多いはず。
すでにガンガン利用して楽しんでいる人もたくさんいますが、全体的にみてどんな人たちがどんな風に活用しているのか気になるところです。

ある大手サイトでは、合コンを開催する平均年令はなんと20代より30代のほうが上回っています。
60%近くの人が30代で、若者の集まりというイメージはもう古いのかもしれませんね。
知り合いたいと希望されている職業では、男性は医師や弁護士がダントツ1位、次が税理士や会計士、次いで建築士や社労士です。
女性は商社の受付がダントツ1位で、次いで保育士、次がCAです。
男性に求められるのは社会的地位、女性に求められるのは美貌と優しさといったところでしょうか。
このへんはいつの時代も変わらないような気もします。

つまり、合コンセッティングサービスを使えば、普段では絶対に出会う事ができない憧れの職業の相手と合コンが開催できるっていうわけです。これは使わないと損ですよね。

サービスの内容は、会員から挙がっている希望に合う相手をマッチングして、日程や企画を調整、費用を支払ってから店を決定して当日開催という流れが一般的です。
中には街コンという地域全体の貸し切り合コンなどのイベントもありますので、そうした場合はその限りではありません。

会員登録はおおむね無料で、プロフィールを入力します。
ここで自己PRをするのが一般的ですが、重要なアピールポイントなのでよく練りたいですね。

費用は男性が7,000円前後、女性は4,000円前後のところが相場です。
普通に飲みに行けばそれくらいになる場合もありますから、特にびっくりするほど高いというわけでもなさそうですね。